健康のためにも、1日一食という生活をしてみるのもひとつの方法です。

食事量から見る健康と運動について
食事量から見る健康と運動について

1日一食の生活で健康を作る方法

健康のためにも、1日一食という生活をしてみるのもひとつの方法です。ずっと続けるわけではなく、一週間のうちに3日間だけなど決めてやってみるのがベストな方法です。1日一食にする場合、その一食はいつ食べるのが良いのかというと、それは1日の最後を締めくくる夕食が良いです。外で働く男性の場合は、夜の付き合いもあるかもしれませんが、食事をほとんど家で食べる主婦などは、一日の中心となる食事を昼食にしても大丈夫です。夜に家族との団欒を楽しみたいという方は、1日2食食べてもいいですが一汁一菜は守ることです。朝食も同様にお腹いっぱい食べた後には、眠気が襲ってきますので、試験の当日や大事な会議など午前中に頭を働かせる必要がある場合は、何も食べないのがベストになります。

食べないことによって何が回復していくのかというと、実は内臓に負担をかけないために、正常に内臓が働くようになってきます。昔は朝食をしっかりと取らなくてはいけないという時代もありましたが、食べ過ぎるということを考えると朝を抜くことによって調子がいいという人も増えてきました。しかし、エネルギー不足を起こしている人はよくないので、スポーツなどをやっている人ではちゃんと朝食をとることで健康が維持されます。

健康A健康・医療