今の世の中では、甘いスイーツを食べると幸せを感じる人がたくさんいます。

食事量から見る健康と運動について
食事量から見る健康と運動について

健康にはスイーツなどの甘いものに注意すること

今の世の中では、甘いスイーツを食べると幸せを感じる人がたくさんいます。しかし、考えたほうがいいのは、スイーツを食べると血糖値はだいたい140以上に上昇します。それはタバコを4本を消費した時と同じくらいに、血管の内側の細胞を傷つける結果になってしまいます。意外と知られていないのですが甘いものにはこういった健康を損なう要因があります。こうした糖の持つ特性は「糖毒性」と呼ばれていて、動脈硬化・脳卒中・心臓病などの原因となるだけでなく、内臓脂肪を増やすので体型が変わってきてしまいます。

ダイエットしようと思ってもなかなか痩せないのは、こういった甘いスイーツのせいもあります。さらに血液中のコレステロール値をどんどん上昇させますので、ホルモンはダイレクトにその影響を受けます。特に閉経後の女性では、甘いものを食べてしまうと病気の要因が増えてくることがあります。こういった予防にも運動をすることは必要ですが、少しでも食生活を改善することが健康に繋がるのがわかります。どうしても甘いものがほしくなったときには、甘さを控えた飴などをなめることで抑えることもできますし、自分で我慢をする工夫をして乗り切ることによって健康を作ることができます。