私たちの体は細胞からできています。

食事量から見る健康と運動について
食事量から見る健康と運動について

健康はほどほどの感覚でいることです

私たちの体は細胞からできています。その細胞の表面の幕は「細胞膜」といいますが、これはコレステロールになり、言ってしまえばなくてはならないです。鶏の卵の鮮度を見るとき卵黄を指でつまんでも、割れなければ新鮮だといわれますが、実はそういう卵黄を作るのは簡単なことです。鶏に高コレステロールの肥料を与えていれば、丈夫な細胞膜が出来上がりますが、しかしこれは高脂血症になっている鶏とも言えます。人間の体も同じようにコレステロールが多くなってしまうと、活動性が低下しうまい働かなくなってしまいます。昔は家に病人が出ると飼っていた鶏を食べさせるなど、精力的に元気をつけるために肉を食べるという考え方をしていました。

今でもそう言った不調があると、肉を食べることによってホルモンの値も若干は上がりますし、元気も出ます。しかし、これは食べすぎてしまうと逆効果になってしまい健康を損なってしまいます。食べ過ぎてしまうといけないものには、コレステロールがあるということを知っておくことです。そしてコレステロールも必要性のある栄養分だと理解しておくと、極端なダイエットなどしなくなります。体の健康はほどほどという言葉があるように、取りすぎも取らなさすぎもいけないということです。

健康A健康・医療