体調の変化は体の疲労や内蔵の疲労に原因があります。

食事量から見る健康と運動について
食事量から見る健康と運動について

健康を維持するには体調の変化に気がつくことです

体調の変化は体の疲労や内蔵の疲労に原因があります。まずは1日を終えた時に感じる筋肉や内臓の疲れがどれだけあるのかによってその日の疲労度が分かります。仕事中に、ため息をついたり、ほうづえをついたり、あるいは頻繁に背伸びをしたり、そうすると疲れきって見えてきます。そんな人には極度の疲労が、かかっている可能性があることを知っておくべきです。疲労や倦怠感は体全体からくるかのように思われていますが、実はその疲れの度合いは決して均等ではありません。その人の体のどの部分をどれだけ使ったかによって、疲れ方がそれぞれとなります。例えばパソコンを使いすぎて、腕が痛い・肩がこる・頭が痛いなど、あるいは座り仕事で、腰が痛い、立ち仕事で脚がむくむ、営業職や管理職は精神的ストレスで胃が痛いといった症状もあります。

こういった生活からくる痛みは、ほかの部位に比べて長時間使われてきていることによって、筋肉が緊張して激しい硬直を起こしているといえます。こういった筋肉の硬直というのは、健康を害するだけではなく精神的な疾患に発展することもありますので、注意をすることです。仕事を頑張る人に多くいますので、なるべくなら体調の変化に気がつくことです。

健康A健康・医療